イソフラボンのニキビへの効果とは?改善レシピで美肌を手に入れよう

イソフラボンのニキビ改善レシピをご紹介します!ニキビの完治には、食生活の見直しが必要です。肌にいいものを食べて、体の中から健康になって美肌になりましょうね。イソフラボンの効果や、豆が好きじゃない!って人も挑戦しやすいレシピが満載です。

イソフラボンとニキビの関係は?効率よく摂取しよう

イソフラボンがニキビに効くって知っていましたか?効率的に摂取すれば、美肌効果があり、ひどいニキビだって改善できますよ。

イソフラボンはニキビに効くの?

そもそも、なぜイソフラボンはニキビに効くのでしょうか?基本的なことを徹底解説します。

大豆イソフラボンは美肌をキープ

イソフラボンは、女性ホルモンの一種・エストロゲンに似た働きをする栄養素です。エストロゲンには肌の水分量を一定に保ったり、皮脂分泌を抑える効果があります。継続的に摂取することで、美肌効果が得られ、ひどいニキビも改善することが可能です。

抗酸化作用で活性酸素を抑える

イソフラボンはポリフェノールの一種です。そのため、抗酸化作用に優れ、活性酸素の発生を抑える効果があります。アンチエイジングに効果的で、ホルモンバランスを整えることでも注目されているんです。

どれくらい摂取するのが効果的?

イソフラボンの1日の摂取目安量は、75mgほど。食べ物やサプリメントなどで摂取するのが一番です。

イソフラボンが多く含まれる食品とは

イソフラボンが多く含まれる食品をご紹介!大豆以外にも、こんな加工食品があります。

納豆

大豆を納豆菌によって発酵させた食べ物です。1日1パック取れば1日の摂取目安量を摂取できます。

豆腐

豆乳を凝固剤で固めた食品です。絹豆腐、木綿豆腐など、お好みで取り入れましょう。1日の摂取目安量は半丁です。

きな粉

大豆を炒ってから、皮をむいた後で粉砕した粉です。大豆特有の臭みがないので、大豆が苦手という人も食べやすいのが特徴です。

豆乳

大豆を水に浸してすりつぶして、水と一緒に煮つめた飲料です。牛乳に似ているので、牛乳代わりに飲んでいる方も多いですね。

どんな改善レシピがある?

イソフラボンを効率よく摂取出来るレシピを紹介します。どれもおいしいのでおすすめ!

大豆入りひじきの煮物

【材料(2人分)】

乾燥ひじき 15g

大豆 缶詰1缶

にんじん 1/2本

あぶら揚げ 1枚

とり胸肉 50g

醤油 大さじ1杯

酒 大さじ1杯

砂糖 大さじ1/2杯

【作り方】

  1.    ひじきを水で戻し、にんじんは細切り、あぶらあげは短冊切りにします。とり胸肉も食べやすい大きさに小さくカットしましょう。
  2.    鍋にごま油を入れて、にんじん、とり胸肉、ひじき、あぶら揚げを炒めます。
  3.    調味料と大豆を加えて、水分が少なくなるまで煮込んで完成です。

常備菜として人気のひじきの煮物は、多めに作っておけば、忙しいときの副菜やお弁当のおかずに使うことができます。

ヘルシー豆乳粥

【材料(2人分)】

豆乳300cc

ご飯 お茶碗に軽く1杯

塩 小さじ1/2杯

ネギやかつおぶし 少々

【作り方】

  1.    鍋に豆乳とご飯を入れ、5分ほど煮込みます
  2.    火を止めて、塩を少々加えたら器に盛り付けましょう。
  3.    お好みでネギやかつおぶしを加えます。

牛乳が苦手という人でも、これなら臭みがなくて食べやすいですよ。

ふわとろ♡きな粉トースト

【材料(1人分)】

食パン 1枚

きな粉 大さじ1杯

牛乳 大さじ2杯

はちみつ 大さじ1杯

マーガリン 大さじ1杯

【作り方】

  1.    食パンにマーガリンを塗り、そのうえにはちみつをかけます。
  2.    牛乳をゆっくりかけ、全体にきな粉をふりかけます。
  3.    焦げやすいので様子を見ながらトーストし、こんがり焼きあげましょう。

フレンチトーストのような食感で、一度食べたら病みつきです!

効果的な摂り方で効果をアップ!

イソフラボンの摂り方のヒントを説明します。

食事は「和食」がおすすめ

イソフラボンはおもに大豆製品に含まれています。大豆は和食と相性がよく、レシピもたくさんあるので、和食で取り入れてみましょう。ニキビ肌は、油分が大敵ですが、和食は洋食と比べてカロリーの低い料理や油分の少ないものが多いのが魅力。健康的にイソフラボンを摂取したいなら、断然和食がおすすめです。

摂りすぎには注意を

美肌やアンチエイジングに効果的なイソフラボンですが、取りすぎは禁物です。若い女性は、閉経後の女性と比べるとまだまだ女性ホルモンがたくさん分泌されているため、過剰摂取によって月経不順になったり、月経周期が長くなったりすることがあります。1日の摂取目安量を基準とし、過剰摂取に注意しましょう。

イソフラボンは美肌の味方!上手に取り入れよう

イソフラボンのニキビ改善レシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?どれもおすすめのレシピなので、できそう!と思ったものから作ってみてください。美肌効果のあるイソフラボンを賢く摂取すれば、肌の自己回復能力がアップして、ニキビ肌を優しくケアすることができます。スキンケアも大事ですが、体の中からきれいになることだって、とっても大事!少しずつ食生活を改善していきましょうね。